2018年12月7日 芦屋 谷崎潤一郎記念館(俳句会)

 JR芦屋駅からバス乗車組と街を見ながら歩く組とに分かれあしや温泉で合流しました。足湯は、気持ち良く入れる水温で神経痛や関節リュウマチ等に効果があると言われています。記念館では谷崎自筆の原稿や、妻、松子が愛用した総絞りの訪問着等約100点が展示されており、「細雪」の時代と文化を堪能することができました。(展示室は撮影禁止)(参加者10名) 

2018年12月9日 京都西山  沓掛山(唐櫃越)

今日は西高東低の冬型の気圧配置の寒気が流れ込んで吐く息も白い。台風で倒木が唐櫃道を塞いでいるが、跨ぎ潜り迂回したりで乗り越え楽しい山行でした。参加者18名

2018年12月8日 湖東  八幡山

冬型の天気予報でしたが、八幡山の山中は風も少なく、ときおり陽が射し込んで快適でした。雑木林が続く穏やかな道を歩きながら、琵琶湖や比良や鈴鹿の山々を望むことができました。 

2018年12月8日 北摂  箕面公園散策

風は冷たかったが、冬日和の中、箕面の里山六個山395mに登る。下山後途中の展望広場からゆっくり広大な眺望をたのしみ、さらに名残の紅葉を愉しみました。参加者12名

2018年12月8日 室生  学能堂山

杉の美林の中、急登をこなして学能堂山稜線に到達、昼食後山頂へ向かいましたが、今シーズン初の寒波で山頂は強風と寒さで早々に退散しました。
しかし山頂からの展望は良く倶留尊山などの曽爾方面の山々や大洞山などもまじかに見えて大満足、急下りをこなして帰路につきました。参加者15名

2018年12月5日    生駒市  矢田丘陵遊歩道

お日様が暖かい日のハイキングでした。緩やかなアップダウンの丘陵で紅葉、黄葉を楽しみながら汗かき歩きました。静かな矢田丘陵は広いと実感。参加者15名。

2018年12月2日 平成30年度 納会

新入会員紹介や例会節目達成者の認定書授与、余興など74名が集い、会員の親睦を深め楽しい時間を過ごしました。

午前中は6班に分かれて、軽山行を行いました。

2018年12月1日 六甲  第8回リーダー研修会(事故対策部〉

芦屋地獄谷で9名の参加を得て開かれました。座学の後、事故時の対処方法の確認、セルフレスキューに関連するロープの使い方等々の実習を行いました。

2018年11月25日 奈良  春日奥山

近鉄奈良駅から春日大社~春日山原始林~若草山~駅と歩きました。当初歩行14㌔程度の予定でしたが、「紅葉の綺麗な場所が有るよって」ことで 寄り道していたら20㌔オーバーになってしまいました(笑)。赤・黄色・薄緑色の混じった控えめな紅葉はとても爽やかで綺麗でした。参加者7名

2018年11月25日 京都西山  ポンポン山

神峯山寺口で下車し、最初は舗装した道を歩きましたが、本山寺に向かう途中から林道に入り、左右に見える倒木に驚きながら、アップダウンのある中を山頂に到着しました。昼食後、釈迦岳を下ると善峰寺の全景が見える所があり、その美しい風景にうっとりしました。行く先々で紅葉や黄葉を見ることができ、感激した山登りでした。参加者21名(内体験参加者2名) 

2018年11月24日 ダイトレ⑤  タンポ山

小春日和と呼ぶのにふさわしい暖かく穏やかな晴天。しかしロープウェイ前でバスを降りると、吐く息は白く気温1.2度と思われた。今回5回目、まずは前回の目的地のスタート地点の久留野峠まで登る。そして幾つもの峠を越えて紀見峠まで8名元気に歩く事が出来た。

2018年11月24日 北摂  紅葉の武庫川渓谷ウォーク

冬型の気圧配置が緩み紅葉狩り日和の一日だった。廃線跡入口から秋の陽がモミジに輝きを添える中、急な上りを「桜の園」へ、集合写真撮影の後ピストンで廃線跡へ戻り、大勢の人で賑わう廃線跡ウォーキングをした。

2018年11月23日 六甲山  紅葉ハイク

新神戸駅を出発して布引の滝を通過すると盛りを迎えた紅葉の中を歩きます。人気のコースで行き交う人も多くありましたが、晩秋の陽に照らされた紅葉を堪能することが出来ました。参加者18名 

2018年11月23日 奈良  国見山~正暦寺

奈良市内とは思えない様な里山の「旧奈良市内の最高峰」の国見山へ。バスを降りて長谷の集落を通り、稜線上に現在は六角六層だが、かっては六角十三層石塔であったらしい「塔の森」を見て、国見山に向かう。矢田原を通り紅葉の正暦寺へ。言うだけの事あり、見事な紅葉。初冬の一日をのんびりとハイキングした。参加者14名

2018年11月23日 大阪  長居公園

長居公園植物園内を散策してスケッチしました。気温はさほど上がらなかったのですが風が無くて比較的暖かな一日でした。池の周りを一回りし場所を探しながら陽だまりを見つけてスケッチしました。

2018年11月21日 奈良桜井  飛鳥の里散策(⑨万葉ハイク)

天気良く、風もない秋日和の下、ゆっくりと飛鳥の里を散策した。甘樫丘、その展望道、橘寺、高松塚古墳へ続く道すがらに佇む万葉歌碑に刻まれる昔の人々の想いにも共感しながら、木々の紅葉、秋花、黄色に実った果実の姿に、里の秋を堪能しました。参加者6名

2018年11月20日 鈴鹿  筆捨山~観音山

秋晴れの中、関宿のある三重県亀山市の低山ハイクです。紅葉はそれ程なく、汗かきながら上がったり下ったりして結局タクシー利用せずに駅迄歩きました。参加者6名

2018年11月18日 京都北山  天ヶ森

出町柳からバスに乗り約1時間程で花背峠に到着し、いきなりの急登を木につかまりながら進みました。和佐谷峠を越え、百井町では、昔ながらの脱穀の様子や、百井川近くの池のやれ蓮、紅葉、黄葉等を見ることができ里の秋を満喫しました。天ヶ森迄は、特に下りで滑らない様に気をつけて歩きました。参加者11名 

2018年11月17日 読図講習(座学)

 読図について、「1step 地図の見方」、「2step 地図の読み方」、「3step 地形の読み方」に細かく分類しての勉強会。各自が青&赤ペンを用いて、谷や尾根を書き出したり、パソコン内に収録して頂いた情報をスクリーンに大きく映し出して説明を受けるので、大変解りやすい講習内容でした。参加者10名

2018年11月18日 金剛山系  金剛山(読図実習)

配られた地図の説明を受け軽く体操した後、伏見峠登山口から入る。登りは谷筋を歩き頂上で昼食を済ませ後はひたすら尾根筋を下る。上下道のポイントに立ち止まり、現在の周りの景色や形状を見渡し地図上では、今どこにいるかの確認を何度も繰り返した。また峠の説明も受けた。参加者11名

2018年11月17日 北摂  百丈岩(東稜)

色とりどりに黄葉した鎌倉峡の風景を眼下に見下ろしながら岩トレを楽しむことができました。参加者8名

2018年11月17日 桜井  飛鳥・談山神社

飛鳥の里山丘陵地から万葉展望台まで意外と急登の道を登り万葉展望台へ、万葉展望台からは大和盆地が一望でき、貸し切りの展望台で少し早めの昼食としてゆっくりしました。御破裂山と談山(かたらいやま)を経由して談山神社で紅葉を満喫して解散しました。参加者7名

2018年11月15日 大阪  大阪城周辺(写真)

晩秋の空の下、大阪城周辺で写真撮影を行いました。朝の内はこの秋一番の寒さになりましたが昼からは何時もの暖かさに戻って快適な撮影日和になりました。今回の撮影目的のテーマについて説明を受け撮影を開始しました。テーマは“発想と感情”と“多重”撮影。大阪城を上から撮ったり、下から撮ったり、斜め横から撮ったりしながらカメラに納めました。講師の先生から色々なアドバイスを頂きながら、秋の大阪城の優美な姿を見て楽しみながらの撮影会を行いました。参加者5名

2018年11月13日 播磨東  的形里山回廊を歩く

白い小菊のノジギクは兵庫県花で、的形は群生地で知られている。潮風をうける所を好み海に面した崖などに自生する。的形里山の坂の上~大日山~青の山~高坪山~礒山の五山を縦走。紅葉あり、マダケ道あり、展望よしの山歩きでした。下山後、名物お煎餅を買って駅にて解散。参加者11名

2018年11月10~11日 岡山  森林公園&人形仙(バス)

人形の伝説と峠道の岡山と鳥取の県境の山に登る。10日紅葉の奥津渓により登山口~母子地蔵に寄り、カヤの急斜面を何回か登る。稜線上から紅葉の山々の展望が素晴らしい!登頂後来た道を下山。11日ブナ林と展望の周遊コースを歩く。熊押し滝~奥ぶなの平~すずのこ平~もみじ平~千軒平~きたけ峰へ。5個のピークは急アップダウンあり。紅葉は終了しており落葉になっていた。マユミの実が満開できれいでした。参加者20名

2018年11月10日 金剛  岩湧山

曇りのち晴。肌寒い朝、超満員のバスで滝畑ダム登山口へ。山頂が近づくにつれ金色のススキの草原に癒され、頂上からは大阪湾・大阪平野を眼下に、遠くには二上山・大和葛城山・金剛山も見渡せる最高の眺望であった。 

参加者17名

2018年11月10日 北摂  半国山

爽やかな秋晴れの下、京都亀岡の里山、半国山774.2mに行きました。林の中の紅葉はもう終わりかけていましたが、色づいた落葉をサッサッと踏みながら歩くのは気持ちの良いものでした。山頂では見事な眺めに感激しながら、のんびり過ごしました。参加者6名 

2018年11月4日 丹生山系  丹生山~藍那古道

栄駅からほぼ平坦な道を衝原湖の湖畔を秋の風を浴びながら進み、三津田道取り付きから山道に入る。シビレ山から丹生山そして源義経が鵯越に向かったと言う藍那古道を歩きました。参加者18名

2018年11月3日 比良  武奈ヶ岳

7合目・8合目あたりの黄葉(紅葉)は思っていた通りの色合いで満足しました。その分、山頂周辺、特にコヤマノ岳のブナ林は黄葉が終わっていて、ちょっと残念でした。参加者13名

2018年11月3日 竹内街道

日本最古の官道(国道)といわれる「竹内街道」の起点となる南海本線「堺駅」から近鉄南大阪線「河内松原駅」までの15.7km、秋日和の中を歩きました。参加者14名

2018年11月2日 大阪市  慶沢園(俳句会)

小春日の中、新旧の歴史が織りなす都心の住友家本邸庭園跡を散策しました。大きな池を真ん中に周囲を取り囲むように滝、あずまや、石橋などがあり、その工夫の一つ一つに驚きました。長生庵では、和ぎれのキルト展も見ることができました。参加者11名(内体験参加者1名)

2018年11月2~3日 奥大山  象山、擬宝珠山

秋晴れの元、2日は船上山へ、急なガレ場を登ると遠く日本海が見えた。3日は、烏ケ山、大山が見える象山、擬宝珠山、渓谷美の木谷沢、大山南壁に圧倒された笛吹山でした。参加者10名