2019年2月15~17日 上信越 谷川岳山麓スノーシュートレッキング

15日湯檜曽温泉到着後、近くの公園で足慣らし。好天で谷川連峰の白い雪山が素晴らしい!!16日地元の松原ガイド(女性)で樹木などの説明を聞きながら一ノ倉沢出合までトレッキング。あいにく雪がずっと降っており一ノ倉沢大岩壁は見えなかったのが残念。17日ガイド2人(男性)美しいカラマツ林をトレッキング。途中で雪も止み、 近くの宝台樹スキー場が見え、午前中でトレッキング終了して帰阪しました。    参加者10名

2019年2月16日 比良  武奈ヶ岳(雪山)

 当日の天気予報は冬型の気圧配置で山頂付近の風速は10m/sec以上になるといわれていました。よって、西南稜では強風になるかもしれないと覚悟して行きましたが、ガスはかかっているけど風は大したことなく、問題なく雪山を楽しむことができました。参加者6名

2019年2月16日 金剛  金剛山

ツツジオ谷登山口(人気のコースながら登山客は少ない)より登山開始、曇り空で少し暖かさを感じる日和で、期待していた氷瀑と霧氷は残念ながら見る事は出来なかった。ただ、登山口の沢のせせらぎ、霧に包まれた頂上一体の光景は清々しく満足感のある山行を楽しめた。参加者10名。

2019年2月8日 神戸  王子動物園(俳句会)

着ぶくれてZOOの臭ひを含み持ち

2019年2月10日 大峰  観音峯山

前日からの降雪による積雪があり、登山口から雪を楽しみながら歩きました。青空に映える霧氷も見応えがありました。観音峯展望台からは雪の稲村ヶ岳など大峰主稜線の山々を展望することが出来ました。参加者12名

2019年2月10日 六甲山  摩耶山

猪道の青谷東尾根から山寺尾根に回り摩耶山頂へ。踏み跡薄い木袋谷北尾根から無事護国神社で解散。参加者14名

2019年2月9日 滋賀北部  箱館山スノーシュートレッキング

スノーシューコースの一部は、圧雪されたところがあり新雪の上を歩くことはできませんでした。午前中びわ湖の見える丘を通りその雄大な眺めを楽しみ、昼食後は、いっきに山頂まで登り、林道コースでは動物の足跡を見つけ、少し上を見ると木々の芽吹きが始まっていて、春の訪れを感じました。曇り空でしたが、風も無く遠くの景色が見えて、気持ちよく歩きました。

参加者6名

2019年2月5日~9日   長野県  八方尾根スキー場

実質3日間のスキーで、7日は暖かく翌日は極寒と云う予報に震えあがりましたが、それ程でもなく丸3日スキーを楽しめました。天気の良い日は頂上から白馬の山々を眺めて感激しました。参加者 7名

2019年2月2~3日 上信越  斑尾高原スノーシュー

斑尾高原は標高1000m 積雪3mの豪雪地である。2日希望湖(のぞみこ)の氷結湖面と「りすコース」を歩行する。斑尾山、妙高山や明日行く袴岳が展望できた。3日ペンションのガイド案内で袴岳をピストン。山頂からは雪山の妙高山、黒姫山、飯綱山が目前に見えて絶景に感動!!好天で樹氷なしでしたが真っ白い雪山の展望に満足した山旅でした。参加者10名

2019年2月2日 滋賀南部  綿向山~イハイガ岳(雪山)

積雪は十分なうえに、いい天気で風もほとんどなく気持ちよく雪山を闊歩できました。参加者16名

2019年1月27日 京都北山  愛宕山

嵐山駅周辺は雪はなかったが、昨日からの寒波到来で積雪を期待しながら登山口に。清滝に着くと付近は一面雪化粧。登山口付近は早朝からの登山客に踏み固められた泥混じりの雪であったが、黒門付近からは新雪もあり期待以上の雪景色。アイゼンを装着し、アイゼン歩行を楽しんだ1日でした。参加者16名

2019年1月26日 滋賀北部  箱館山スノーシュートレッキング

寒波到来、大雪、風雪予報の中、男3人で滋賀北部/箱館山に行きました。積雪は十分。時折、冷たい風雪が顔にきつく当たることも、空模様変化も多々ありましたが、概ね視界は良好。当日開催の箱館山雪まつり体験スノーシューイベントにも参加、琵琶湖、比良・高島トレイル等の周辺の山々の眺めを楽しみました。

2019年1月26日 神戸  垂水なぎさ街道

この冬一番の寒波で寒い一日でした。JR舞子駅を出発、「橋の科学館」へ立ち寄ったあとなぎさ街道を「塩屋」まで歩きました。参加者11名

2019年1月23~24日 但馬  ハチ北スキー場

1泊2日の日程でしたが、積雪も十分で天候にも恵まれました。適宜、グループに分かれて、それぞれの練習に合わせたコースを滑りました。参加者9名

2019年1月24日 播磨東  鬢櫛山・苫編山

荒川山塊といわれる鬢櫛山~籾取山~苫編山を縦走する。登山口よりいきなり急登の岩盤を登り、登山道にはロープや鉄塔がたびたび出てくる。展望もよく姫路城や新幹線のスポットでもある。三山とも低山ながら急アップダウンを繰り返し、登りがい歩きがいのある山歩きでした。参加者14名体験6名

2019年1月20日 松阪  白猪山(バス)

干支の山、白猪山は伊勢三山といわれ登山道の大日堂に着くころは雨も止み

石垣の棚田で有名な大石の坂道を歩き都登山口より急坂が山頂まで続く。山頂や展望丘から台高の山々を眺望し、夏明コースを深野まで下山。山行中は雨もなく午後からは好天になり干支の山を一周しました。参加者16名

2019年1月19日 滋賀南部  猪子山・繖山

 明日は「大寒」ですが、今日は、12度という恵まれた穏やかな一日でした。

 尾根筋の縦走路なので、眼下には近江平野が広がり、琵琶湖と比良山系の稜線を望みながらの歩きでした。今年の干支の山「猪子山」は低山ですが、可愛い猪イラストがとても印象的。最後の結神社は、大きな鳥居があり、大変趣きのある立派なものでした。今年も沢山のご縁(結)がありますように。 参加者12名

2019年1月19日 台高 高見山

好天に恵まれ、台高山脈にある端麗な高見山へ霧氷を期待して行きました。お昼の気温は上がってきましたが、山頂付近では青空に映えた霧氷のご褒美が私たちを待ってくれていました。参加者8名

2019年1月17日    六甲山   奥須磨公園

 お天気良く、広い海を見ながらのハイキングは気持ちのいいものです。手分けして持ってきた材料でお鍋をしてワイワイ言いながら頂きました。14名参加。

2019年1月12~13日 伊豆  玄岳と伊豆三山

伊豆半島最北にある玄岳に登る。笹原を縫って360度のパノラマと富士山は絶景。下山後梅まつりの熱海梅園に寄る。13日標高が400m前後の伊豆三山を縦走。一山目城山はロッククライミングで知られる岩壁を見ながら石のゴロゴロした急坂を登る。二山目葛城山は背面登山口の急登のみ道を上りパノラマパークでロープウエイ組と合流、空中公園のテラスでランチ~山頂~アップダウン繰り返し三山目発端丈山~三津へ縦走下山。今回は四山より全て富士山展望を期待したが葛城山以外は見ることができて満足。   参加者15名

2019年1月13日 六甲山  荒地山

今日は、青空が美しく、小春日和の暖かい一日でした。風もなく、気温高め。全身の節々も快適に動き、スムーズに歩きました。前日の朝晩の冷え込みで、横池は薄氷が張っていました。太陽が氷に反射してキラキラ光り、とても幻想的でした。参加者28名

2019年1月12日 六甲  仁川渓谷(ムーンライト岩)

仁川渓谷入口にあるムーンライト岩で岩トレをしました。時間があったので、そこから軽く左フェイスを登った所にある三段岩でも岩トレを楽しみました。参加者7名

2019年1月12日 竹内街道

曇り空の下、日本最古の官道と呼ばれています「竹内街道」を前回の集着地

河内松原駅を出発、松原市南部を抜けて約16km羽曳野市上ノ太子駅迄歩きました。参加者11名

2019年1月7日 京都  伏見稲荷山

ウィークデーのせいか本殿のお参り、千本鳥居潜りもスムーズにいきました。よく手入れされた美しい鳥居を元気よく潜っていると、今年の願い事が叶いそうな気がしてきました。中腹の四ツ辻では京都西山方面の眺望が楽しめました。倒木の為に稲荷山頂上を断念し、冬の静かな東福寺の境内を散策すると、庭園のマヤ紅梅がほころびかけていました。参加者14名

2019年1月6日 六甲山  ロックガーデン~横池

新年も6日目。お正月での食べ過ぎたカロリーを落とすのにも良い歩きとなりました。日中9℃でしたが、風が無かったので、寒さを感じず、大変歩き易かったです。ツツジも一輪、サザンカは満開・・・。小寒の今日ですが、春に向かってゆっくりゆっくり進んでいるのですね。山歩き後は、リーダー初め、参加者の女性陣が用意されたレモンティーとお菓子をご馳走になりました。参加者30名

2019年1月5日 奈良  山の辺の道

日本最古の古道と呼ばれている「山の辺の道」。雨上がりの曇り空の中、コースは古代の面影が残っていることで人気のある天理駅から桜井駅まで。風はなく時期的には珍しく思ったより暖かな日和。鄙びた趣のあるコースは気持ちを穏やかに、また万葉集歌の石碑等により古代ロマンに思いを馳せながら歩くことができた。参加者18名

2019年1月1日 北摂  五月山

亥年元旦初日の出例会は、穏やかな好天にに恵まれバッチリ拝むことができました。歓談の場所も昨年と同様の東屋で鍋を囲んで約2時間ばかり親睦の時を持ちました。「肉鍋」「ぜんざい」「ケーキ」等に辛党、甘党ともども大満足しました。終了後「日の丸展望台」まで足を延ばして阪神間の景色を眺めました。参加者10名

2019年1月4日 香川県  飯野山(讃岐富士)

眺めてよし、登ってよしの讃岐平野の名峰飯野山に登る。讃岐七富士のひとつ、新日本百名山でもある。坂出到着後、純手打うどん”よしや”に並んで”讃岐うどん”を食した後、讃岐富士 おむすび山を眺めながら野外活動センタ

ー登山口よりスタート。展望所より箱庭といわれる讃岐平野、丸亀城、瀬戸大橋などをみて山頂到着。1200段の階段をジグザクに下山。18切符で遠出でしたが満足の山旅でした。参加者24名

2019年1月3日 金剛  金剛山

青崩道を澄んだ空気の中を山頂へ向けて出発し、霧氷の中を山頂まで歩きました。山頂広場からはアイゼンを付けて転法輪寺と葛城神社で初詣をしてから、ちはや園地へ向かい、解散後ささやかな宴会を催して新年を祝いました。参加者8名